妊娠中に光脱毛をしては、駄目なのでしょうか? 妊娠中は基本的に、光脱毛はNGとされています。 でも、光脱毛によって、お腹の赤ちゃんに悪影響を与えてしまうということではありません。 母体のホルモンバランスが通常とは変わってくるために、光脱毛を受けられないことになっています。 同様に、美容室でパーマを断られるケースもあるでしょう。 妊娠中には、大量の女性ホルモンが分泌されるので、体が変化します。 中には、体質が変わったようになる人もいます。 いつも使っていた化粧品やシャンプーで、肌トラブルが起きてしまうことも少なくありません。 もちろん、全ての人がそうなるわけではありませんし、逆に通常時より肌トラブルが減る人もいますが、そういう危険性があるのです。 また、妊娠中はつわりや貧血などによって、体調も不安定になっています。 ちょっとしたニオイを嗅いだだけで気分が悪くなったり、意識を失ったりすることもあります。 それに、「本当に赤ちゃんに影響しないのだろうか?」という不安を抱えながらの施術では、精神的なことが原因で赤ちゃんに悪影響を及ぼしかねません。 このように、妊娠中はトラブルに発展しやすい時期のため、光脱毛に限らず、パーマや歯の治療なども拒否されることが多いでしょう。